Pie*in the Sky+++


ようこそ、いらっしゃいませ☆
こちらはDEATH NOTE非公認のBL小説サイトです。
腐女子度100%ですのでご注意下さい。

意味の分からない方、苦手な方はご遠慮下さい。

カップリングは月L中心/L受です。

更新状況は徒然日記を見て下さいね☆


あなたは23843人目のお客様です。
☆★参加しています★☆

月L†SEARCH

L受ランク

☆★☆L萌ランク☆★☆






【お知らせ】
拍手ありがとうございます^^
本日9月末日、過去最高の拍手回数を記録しております!
拍手くださった方、本当にご協力ありがとうございました★
嬉しさと驚きでただいま大興奮中!


■更新履歴■

9/27 死神と僕の42日間11日目(8ページ)をアップしました。
   R18でお願いします(自分の中で・笑)

9/22 『□■NOVELS*S■□』に新作アップしました。
    拍手リクの作品です^^
    下↓の文章はちょこっと抜粋部分です♪



***  ***  ***


うつ伏せた体を無理矢理に抱き起こし
シーツに背中を押し付けると、

竜崎はようやく状況を飲み込んだのか、
素早く瞬きを繰り返した。


薄い体の上に圧し掛かり、
抵抗を試みようと伸ばされた腕の両手首を重ねて
彼の頭上に押さえ付ける。


「いきなり何ですか? ちょっと、やめてください
・・・・何してるんですか・・・・・痛いですよ」


そう言ったのも無理もない。

僕は掴んだ細い手首を見た途端思い浮かんだ、
悪趣味だといわれそうな悪戯を実行している最中だった。


すなわち、

竜崎の右手から垂れる鎖を
彼の両手首を合わせた状態でぐるぐると巻きつけたのだ。


ほら、よくネクタイとかベルトでやるアレだ。


僕は必然的に動かし難くなった左手で、
竜崎の両手首をシーツに縫い止めた。

これで抵抗はかなり難しくなるだろう。






【“Re Repetition”より抜粋】 






□■プロフィール■□


□■案内所■□


□■徒然日記■□


□■NOVELS*月×L■□


□■NOVELS*S■□


□■NOVELS*死神と僕の42日間■□


□■メールボックス■□







ブックマーク|教える
最終更新日 2007/10/03