Imitation

□それは、私が純粋だった頃
1ページ/9ページ



「……なるほど。黒の太陽から魔王の軍隊ですか。」


帰還したティア達から報告を受けたカインは、溜息を漏らす。
すぐに気を取り直して、向き直る。



「みなさんご苦労様でした。今日明日は非番にしますから、ゆっくり休んで下さい。」



その一言で、リルとフォルテはそそくさと司令室を出て行く。フィンは動こうとしないティアを一瞥するけれど、すぐに自分も部屋へ戻って行った。



「ティアも疲れただろう?今回はいつもの任務と大分違っていたからね。自室に戻ったら?」


カインはティアの前だけで敬語が取れる。自分が彼にとって特別なんだと、ティアはいつもこの瞬間嬉しくなる。

でも今は、そんなことで騙されたりはしない。


「カイン、何か隠してるでしょ。」


「え?」


「カインが溜息つくときって、大抵隠し事とか悩み事があるんだよね。」




それに少し挙動不審だよ。と、暗に「素直に言いなさい」と言われたカインはバツの悪い顔をする。



「全く、ティアには敵わないよ。」


「何年一緒にいると思ってるの?」



ティアはくすくす笑う。
カインは笑顔のティアに胸に暖かなものを感じるが、今は指揮官の顔をする。



「先程アゲハが帰って来ました。」


「アゲハって確か……。」


アゲハとは、騎士団にも魔導団にも所属しない、カイン直属の諜報部隊の人間である。

戦闘能力こそ高くないが、彼女の操る忍術と、身のこなしの軽さは右に出る者はいない。

ティアも何度か会ったことがあり、一目置いている。



「彼女には世界情勢の調査任務に就いてもらっていました。」


「それで、報告はなんて。」


「……どうやら、同じ事態が他の国でも起きているようです。」


「えっ!?」


魔王の軍隊が、村や町を襲っている……?

じゃあ、軍備の無い国はどうなるの。


 

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ