Imitation

□W 終わりの始まり
1ページ/8ページ




「闘舞・風嵐華(ふうらんか)!」




リルが舞い、周囲に巨大な竜巻が起こる。




――ギギィィイッ!




断末魔を上げ魔物が倒れていくも、その数は一向に減らない。




「リルっ、伏せろ!」




フォルテはリルの背後に迫る魔物に標的を定める。リルはフォルテの言う通りに地に膝をついた。



「装填、紅蓮弾。」




――バァアンッ




彼が撃った紅の弾丸は魔物に命中し、直後、魔物は業火に包まれる。




「大丈夫か?」




「ええ。……にしても、キリが無いわね。こっちが先にへばっちゃいそう……。」




黒い太陽から襲来した魔物の数は数えることが出来ないくらいだ。どんなに少なく見積もっても、三桁はいるだろう。




「一応、ティア達には伝言鳥を飛ばしたから。きっともうすぐ来てくれるさ。」




「だと良いんだけど。」




魔物達と交戦してまだ1時間も経っていないが、戦局は良いと言えない。あまりの魔物の多さに技を出し惜しみ出来ないため、体力の消費が著しいのだ。




(こんな数の魔物、見た事無いわ。まだザッと200はいるんじゃないの?それに、あの黒い太陽も気になる……。)




確実に魔物を倒していきながら、リルは思考を巡らせる。




「リル、いくぜ。」




「分かってるわ。」




2人は呼吸を合わせ、魔物達と再び対峙する。


刹那、




「わっ!」

「きゃっ!」




戦場を突風が吹き抜ける。2人は一瞬動作が止まり目を細めるが、それは魔物達も同様のようだ。

風が止んで周囲を見ると、




「遅くなって、ごめんなさい。」




「ティア!」




待ちわびた人がそこにいた。



 

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ