Imitation

□V 鬼神の真実
1ページ/9ページ




次の日フィンの体調も戻り、全員部屋に集合していた。
今日から本格的に任務を始める。



「じゃあ昨日話した通り、二手に分かれて任務を遂行しましょう。

私とジスとフィンは北の洞窟へ向かい、魔物大量発生の原因を探り解決する。その間、リルとフォルテは村の警備にあたる。
……フィン、洞窟まで案内を頼める?」


ティアはフィンに問い掛ける。フィンは昨日とは違い、いつも通り元気な姿だ。



「はい。多分、カイン指揮官もこれを見越して、わたしをこの任務に就かせたんだと思いますから。

……あと、昨日は倒れちゃったりしてごめんなさい!えと、それなりに覚悟決めてたつもりなんですけど、その、」



「気にすんなって!」




必死に謝るフィンを遮ったのはフォルテだった。



「失敗とかさ、足りないとことかフォローし合うのが仲間だろ?」



フォルテの言葉を聞いたリルは、フィンのふんわりとした緑の髪を撫ぜる。



「そうよフィン。それに、昨日の分は今日挽回すればいいの。」



リルのいつもより優しい口調は、フィンをひどく安心させた。
ふと顔を上げると、ジスと目が合う。



「俺も隊長の足引っ張るかもしれないけど、村を助けたいんだ。フィンちゃんも一緒に頑張ろうよ。」



ジスの真っ直ぐだ心は、フィンに深く届く。

3人それぞれの言葉はフィンの心に響き、優しく染み渡っていった。



(ありがとう、ございます。)



心から、そう思えた。

だからフィンもまた決意を新たにする。


視界の端映っていたティアが優しく笑っていたことに、彼女は気付いていた。



「そうだ、リルとフォルテにこれを渡しておくわ。」



ティアが渡したのは手のひらサイズの小鳥の玩具だった。



「……これは何だ?玩具?」



「違うよ、伝言鳥(メッセージバード)って言って私の魔力が込められているの。この首輪を外すと私の元へ辿り着くから、メモとか持たせるといいわ。」



「分かった。」



リルとフォルテは受け取った伝言鳥を携帯した。




次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ