Imitation

□閑話@―疑問
1ページ/3ページ



全てが終わって、魔王の話をしたあとの夜の事。




「そういえばビットってすごく物知りみたいだけど、一体いくつなの?」


ふと、フィンが疑問を口にする。



「んー、数えたことないから分かんねえや。それと、オイラだって何でも知ってる訳じゃねーゼ?

なあ、金髪のねえちゃん。あんたの技、どうやって発動してんだ?」



「あら、あたしの事?」


この中で金髪はリルだけだ。



「そういえばきちんと自己紹介して無かったわね。この際だからちゃんとするわ。

あたしはリル。戦闘専門中立機関Bloody Crossの魔導団所属よ。」


「んで、さっきの技は?」


「あたしはね、神力はあるんだけど、弱くてティアみたいに魔法として扱えないの。
だから踊りを媒体にして、世界にちょっとした影響を与える。そうして自然を動かすの。
あとは、神力を身体の一ヵ所に集めて、踊りに合わせて攻撃したりね。」


ビットはふむふむと納得していた。ティア以外はみんな、初めて聞く事実に感心している。


「そういえばさ、『闘舞』と『闘技』の違いって何なんだ?」


便乗してフォルテも質問する。


「『闘舞』は自然に影響を与える技、『闘技』はあたしが直接攻撃する技よ。
……あたしばっか喋ってるわね。次はあんたが自己紹介なさいよ。」


リルはフォルテにバトンを渡す。



「おっし、じゃあ俺な。俺はフォルテ。同じくBloody Crossの騎士団所属だ。
武器は銃器を使ってる。俺は神力が無いから、特殊弾で補ってるんだ。」


「特殊弾?」



ビットは、嬉々として尋ねる。



「例えばこれな。」





次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ