ありきたりな恋歌


夏だった。

でもそこは涼しくて、つい寝てしまって。

瞳を開けると、君がいた。



そこから始まる、二人の話。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ