『僕が魔族として生まれた時、貴方が抱いて下さい』

水面に寄り添う…

儚き、白蝶は。


――…宵の月を眺める

†††††


前世は人間でした。
儚く、脆く、尊い存在でした。

“生まれ変わったら魔族になりたい”…
その願いだけが僕の中で残っています。
近くって、遠い存在な貴方を振り向かせたい。


「僕の前世は人間でした。しかも青年です。青年は深く願いました…」


「な、何って?」


儚くも甘い恋愛の幕が開かれ様としている。青年の想いは通じるのか…

※血要素及び、グロい表現を含む場面があります。苦手な方は、ご遠慮下さい。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ