その瞳に映るもの

□対抗授業
1ページ/6ページ








【死武専 第二校庭】








アラクノフォビアの復活のせいで
大きな戦いがおきるかもしれない
ということで

対抗授業がはじまる



どういうものかというと
武器と職人だけで 魂の波長を
あわせていたが

それを 多くの人数で
波長を合わせるというものだ


それによって
職人同士のチームプレイができるのだ






今日、それをはじめてするのだが…












『えっと…どうして…
 私らこんな少人数…?』




◆『さぁ?』





イーグル「まぁ、よろしくな」



ゴースト「大丈夫かよ」







目の前には
何度か世話になった
2人


短茶髪で鼻の上に傷のあるイーグル

いつもフードを深く被っているゴースト
がいる




対面しているなか
その傍らに シュタイン博士が立っている






シュタイン「うちのクラスで
    3グループずつ作ってると
    どこか2グループになるんだ


    悪いがここが
    その2グループだ

    まぁ、名前は
    運動神経がいいので
    っていうこともあるので」





『お、ほめても何もでないよ?』



◆『あははっ よかったね』





シュタイン「とりあえず
    武器は変身して

    職人は対面し、魂の波長を
    合わせて」





全員
「「「はいっ」」」






私は武器へ変身する
ゴーストも鉤爪へと変身する






◆『じゃあ、いくよ?』



イーグル「おうっ」




合図とともに 私も
イーグルとゴーストに集中する








そして
魂がつながるところで




―パシンッ!







イーグル「うおっ…ハァ…
    結構体力つかうなこれ…ハァ…」



◆『そうだね…ハァ…』





『まだ、最初だよっ
 これからこれから♪』



ゴースト「Fight」





シュタイン「(ここは早めに
    完成しそうだな…)

    じゃ、がんばれ

    俺は他の生徒のところへ
    いくから

    また、なにかあれば
    来なさい」



そういって 木々のほうへと歩いてゆく





全員
「「「はーい」」」




『…博士、なんか つらそうだね?』



◆『…そうだね

  狂気を受けやすいのかも』




『どうにかなればいいんだけどな…』



◆『(俺は名前の方が
   心配なんだけどな…)』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ