その瞳に映るもの

□聖剣!?
1ページ/11ページ







【死武専 玄関前階段】






『とっとっと♪』




階段を飛ばし飛ばししながら
降りていく名前




◆『踏み外さないでねー』



『大丈夫だって♪
 それより早く!!』






◆『はいはいっ』





かなり 上機嫌の名前である






ん??
あれは クロナ??




階段を下りていくと
階段の一番下の柱の近くに
クロナらしき 人が立っている







降りていくにつれて顔がハッキリする
やっぱり クロナである










『オォーイッ!クロナァ〜?』




―ビクッ




私の大きな声にびっくりしたのか
肩をあげるクロナ






◆『?どうしたの?こんなところで』




クロナ「あ…名前と名前…

   う…うん ちょっとね…」




『??

 まぁ、いいケド

 これから “パフェ”っていうものを
 食べに行くんだよっ♪


 クロナも行かない???』




目を輝かせながらクロナに迫り寄る名前





◆『なんか、甘いものが食べたいっていうから
  パフェとかどう?って言ったら

  食べたことないらしくて(笑

  クロナちゃんも行こうよっ』






私達の発言にいっきに戸惑うクロナ






クロナ「う…あう…
   ごめん…用事があるんだ…」




『ええー
 何のぉーー?』



◆『こらっ 
  用事があるっていってるんだから
  訊かないのっ!』




不満そうにクロナの手を握る名前を
引き離す名前






『うー』



◆『ごめんねっ またね!クロナちゃん』





クロナ「う…うん…」





引きずられながらも
名前は 後ろを振り向き






『絶対 今度、一緒に食べに行こうねっ♪』


と 叫んだ




その言葉に クロナはなんだか
寂しそうな顔をして
なにも言葉に発しなかった
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ