その瞳に映るもの

□パーティで仲を深める♪
1ページ/17ページ






【死武専 教室】





―ダッ





『セーッフ!!』


◆『…もっと早く起きてよぉ〜(汗』





教室の扉に飛び込む二人







シュタイン「…ぎりぎり

    まぁ、いいでしょう


      早く席につきなさい」







◆『すみません…ιι』



『はぁ〜い』






陽気に右手をあげて 席に向かう途中
掲示板に目が行き 立ち止まる






名前は気づかず
そのまま席へ向かう







MISSING…
こんな小さな子が行方不明か




掲示板には MISSINGと書かれた文字の上に
小さな 金髪の女の子の写真がある







―KILLコーンカーンコーン







紙の右下にかかれた小さな文字を読んでいると
鐘がなる





しかし 紙に集中している名前は
鐘が鳴ったのに気づかず
そのまま眺める





その瞬間
耳元で







シュタイン「解体するぞ
    早くすわりなさい」



―ゾワッ



『う゛ぉああッ!!』






びっくりした!!
恐ろしい低さの声で囁かれる






『びっくりしたぁー』





シュタイン博士が無言で席のほうを指差す






『今日は機嫌悪いなぁ』



つぶやきながら歩いていると





―ペシッ





『いでっ』




しばかれた





その瞬間 スタコラと席へ向かう












◆『また ぼーっとしてー』




『あっはは、おもしろかった』




◆『いつか ほんとうに 解体されちゃうよ…?』






『それは困る(笑』




朝のテンションがMAXな名前
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ