その瞳に映るもの

□母なる者
1ページ/14ページ







【レーフ村】





なぜこんなところへきてるかというと



なにやら 軽い事件があったらしく
それの調査的なものに来ている






◆『怪我してるのに…』




『いいのっ!じっとしてたら 体がなまっちゃう
 それに、もう怪我は治ってますっ』






◆『うん…』






不満そうな声が彼からもれる







◆『(あんなに大怪我だったのにな…)』






先にいるマカたちのほうへ歩く






マカ「煙突だらけだね」





ソウル「ゴーレム造りのさかんな村だからな…
   一家に一つかまどがあるんだろ」





『煙たい…』



◆『はい、ハンカチ』





ハンカチを差し出してくる名前




『お、サンキュ〜』



渡されたハンカチで口元をふさぐ







ラグナロク「かたっぱしから魂いただくぞ オラ!」




クロナ「そういうすんぽうじゃなくなったんだよ」









―ジロジロ…









『なんか、すんごい見られてる』




ソウル「……」




イヤな感じがするのか ソウルが回りを睨みつける






マカ「村の人に事情を聞いてくるね」






スタスタ と 人がたかっているところへ行くマカ

















ソウル「あまり歓迎されてる様子じゃねェーな…」





『見られるのは気持ちいいもんじゃないよね』










しばらくするとマカが戻ってくる






マカ「ソウル…暴れたゴーレムの話を聞いても
  皆が何もしらないって言うんだけど…」



ソウル「…この村…何か隠してるな…」










うぅ…なんだろう
ここに来てから気持ち悪い…





◆『…?どうしたの?』




『いや、ちょっと気持ち悪くて…』




マカ「え、大丈夫っ?少し休む?」




ソウル「無理すんなよ」





うわわ、心配しすぎっ(汗






『大丈夫大丈夫っ!行こっ?』






松葉杖をつきながら後ろにいるマカたちを見ながら軽く走る









◆『名前ちゃんっ!』



マカ「あぶないっ!」






『え?』












―ドッ
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ