その瞳に映るもの

□日常
1ページ/13ページ










【死武専 デスルーム】








デスルームには 召集をされ
遠路はるばるやってきた

3人のデスサイズがいる




ジャスティン・ロウ   ヨーロッパ担当
[武器:ギロチン]



弓 梓         東アジア担当
[武器:千里眼・狙撃銃]



マリー・ミョルニル   オセニア担当
[武器:鈍器]








そして



職人 フランケン・シュタイン

武器 スピリット・アルバーン



死神様が集う















シュ「狂気は伝染する これは確かです
   阿修羅復活のその瞬間―…
   俺は確かに感じた…」






梓「゛狂気の感染゛… それは誰でも起こりうると…?」






シュタインがそれをきき
手のひらで ジャスティンを指す






シュ「いえ… ジャスティン君のような
   信仰心のある聖職者には
   比較的に感染率は低いかと思います



   また 一般的な普通の人間を巻き込むような
   狂気が突然発生することは 現段階では考えられません…」






ジャス「では ゛狂気゛の何が問題なのですか?」







梓がジロジロとシュタインを見る








梓「悪人の目覚めとパワーアップ…」





シュ「そうです… 人の人相を見てひらめくあたりが
   にくいね…
   バラしたくなる♪」





スピ「おとなしくしてた敵が動きだすってコトか…?」








そこで 少し間が空く






そして めがねをカチャと動かす梓








梓「……
  こんな事態になってしまったのも
  そこの二人の失態からです

  その辺の処置は 死神様は何かお考えがあるのですか?」







スピ「お…お前…」




それを言うなよ という顔をするスピリット









死神「…そうなんだよねェー」






スピ「(転勤はやめてェ〜 異動だけはいや〜)」



























死神「少しばかり人事異動を考えていてね…」





スピ「んなァにィイ!?」



目玉を飛び出させるスピリット
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ