その瞳に映るもの

□血に飢えし者
1ページ/17ページ








【死武専 地下】






マカ…大丈夫かな…




今は信じているしかないか…
それよりも 早く ブラック☆スターとキッドに
追いつかないと






全速力でどんどん暗くなったり
細くなったりする道を進んでゆく








『んっ!?』






目の前には








『ブラック☆スター!』




ブ☆「 ! 名前か 
お前ほんとに速いな」




ブラック☆スターの隣まで行く






『へへっ 走るの得意だからねっ
でも、さっきのブラック☆スターの速さはさすがについてけないや』




ブ☆「そりゃぁ 俺様だからな!!」





ははは
ほんとどんなとこでも明るいやつだな…












―ブオフゥ…







『なっ!?』



ブ☆「なんだ?」




『焦げ臭い…』






前方から生暖かい暴風が来る
それは 爆発の突風かのように







『なにか爆発したのかな?キッド 大丈夫かな…』





ブ☆「あいつは死神だから 大丈夫だろっ
爆発ぐれーじゃしなねぇよ」





『そっか…』











キッド、リズ、パティ
マカとソウル
シュタイン博士と赤ノッポ…
そして…名前




みんなの心配をしながらも
傍らで どこか自分にも不安を抱いていた







この奥にはどんな奴が眠っているのだろうか…



奥に行くにつれて この気持ち悪い感じが
恐怖へとうつりかわる…







はやく…この戦いが終わればいいのに…
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ