その瞳に映るもの

□前夜祭の死闘
2ページ/11ページ








【死武専 地下】








―ザッザッザ






まっすぐ伸びる道を走る






ここに長くいるのは嫌だな…
すごく気持ち悪い…









マ「ねぇ、キッド君

死神様はどうやって 鬼神 阿修羅を封印したの?」



マカは走りながら訊く





キ「父上は阿修羅の皮をはぎ
その皮で作った封印袋に奴をつめこんだ…



そして父上は魂も身もこの地に根を生やし
固定して鬼神を抑えこんだ」






『皮をはぐ…
結構 こわいんだな、死神様って』




キ「奴を封印できる袋は 奴の皮が一番最適だったらしい」





ブ☆「それで死神のダンナはここを動けないのか…」




マ「でも もし 封印が解かれ
この場所から鬼神が逃げた場合―…

死神様はまた 自由に動くことができるの?」






シュ「できませんね 死神様はこの町に魂を固定し
この地と一体化したと言ってもいい



動くとなると
この地に足をつけて動くしかない


しかし…そんなことできるはずもない…」








『もし…鬼神が復活してしまったらどうなるんですか…?』





シュ「鬼神復活の与える影響は想像以上に大きいぞ…






























狂気は感染する…」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ