その瞳に映るもの

□パーティーにはハプニングがつきものっ
2ページ/11ページ









【死武専 正面玄関】






『あ!マカたちだ!!』



◆『おーいっ』






マ「あ!名前!!名前!!やっほ〜」


ソ「おうっ」



ブ☆「はらへったー」



椿「こんばんわっ」





『ぶ、ブラック☆スター…だらしない…』







◆『ま、行こっか♪』







ワイワイと死武専の中へと入っていく






今日はいい日になりそうっ♪


































【死武専 パーティー会場】




『あっ!キッド!リズ!パティー!』



パ「いらっしゃーい!!」


キ「……」


リ「みんな おめかししちゃって♪」




? キッド 元気ないな…






マ「? キッド君 どうしたの? 元気ないね」





キ「ああっ!!いや すまん」




ブ☆「ハラへった」



キ「……だ……だらしないな…」






ですよね










キ「それにしても みなさん よく来てくれた

今夜は死武専の創立を祝おうではないか!!

じきに父上からの挨拶もあるだろう!!」






はー きっちりしてんのなっ







『どうもっ じゃ、またあとでね〜』




キッドに手をふる




キ「あぁ…」






やっぱ 元気ない

黒龍の件からだな…なにかあったのか?
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ