その瞳に映るもの

□パーティーにはハプニングがつきものっ
1ページ/11ページ









【名前宅】







◆『名前ちゃ〜〜んっ?まだ〜?』





玄関の向こうから 名前が私を呼ぶ





『ちょ、まって!もうちょい…』







明日は 死武専の創立記念日

そう


これから 前夜祭なのである










『でけたっ♪』




私は今ネックレスというものに手こずっていた
頭にもアクセサリーをつける








『しかし…こんな長けの短いスカート…ヒラヒラ…
はずかしいなぁ…』


















―ガチャッ




玄関を出ると
スーツを着ている名前









『!? ///(か、かっこいいじゃねえか…)』




◆『! かわいい…』






『う、うるせい!』






◆『あっはは じゃ、行こうか?お嬢さんっ♪』






『ぬぅ…』









は、はずかしいぃい












道を二人であるく

私はいいそびれたので 言う











『名前…』





◆『ん??』








































『すっごく、似合ってるぞっ

かっこいい…』




少し驚いた顔をした名前だが
すぐに微笑んで




◆『ありがとっ♪』


と言った



その顔は少し赤く見えた
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ