その瞳に映るもの

□黒龍現る
2ページ/20ページ









【幽霊船 船内】







私とリズはぴったりとくっつきながら歩いている








一つの部屋にたどりつく








キ「この先だな」










キッドがドアを開ける











―ギィ…










キッド・リズ・パティー・名前・名前
「「「 !! 」」」







船内には 善人の魂が大量にあった






リ「こんなにたくさん!?」



『ひでぇ…』



キ「善人の魂をこれだけ集めて何する気だ…?
魂の管理者として許せんな…」





やっぱり 死神だからこういうのはよけい許せないのかな








パ「この魂全部とっていいの?」




『!?何言ってんの!!』





キ「戯け!!鬼神になりたいのか!!

これは死神の俺が保管する…」






構えをするキッド

































―カショッ





船長「何だ?小僧 死神か!?」





キ「な!?」





◆『キッド君!』





変なやつに銃を突きつけられるキッドを
名前が押す







―ドッ  バンッ









『名前!キッド!』







キ「すまない、名前」




◆『いいえっ♪』






どうやら無事のようだ






















船長「モゴモゴ ニ…ニィ










ニーズヘッグ!!」





































―バッ




















リ「エ!!」



『へっ…!?』
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ