その瞳に映るもの

□初課外授業!
2ページ/34ページ




マ「…?名前??
いいとこあった??」





『…うん、思い出の場所…。



ここ、死武専に来る前にいた場所だよ』







ツバキと出会った場所






マ「そっか!じゃあ、そこにいる悪いやつを倒さなきゃね!」




そうだ、ここの人にも迷惑かけたしな…



今なら お金払えるし…






名前も 自分で決めていいっていってたし…





『じゃ、ここにする!』





そういって 私はそこにサインをした















マ「じゃ、みんなのとこいこっか♪」




『うん!』

























【死武専 正面口】



マ「おーい、ソウル、名前!」




ソ「おう、決めたか?」



◆『あっ!おかえりぃ〜っ』




『ただいまー、あれ?椿ちゃんとブラック☆スターは?』




◆『あぁ、ブラック☆スターは
先にいったよっ♪』




『そっかー、椿ちゃんと少し話したかったんだけどなぁ』









マ「あ、じゃ 私たち 先行くね?」



隣で喋ってたマカたちがこちらに来た





ソ「じゃ、また週明けな」




『あ、うん!気をつけてね!』



◆『またねぇ〜っ』




手をふってお別れをする








◆『で、どこにしたの??』






それを聞いて私は
少し悲しい笑顔で




『ここに来る前にいたとこだよ、

もしかしたら 敵討ち…できるかも』






すこし黙り混んだ名前







◆『……そっか、ノルマはいくつだった??』





訊かないんだね


気を使わせたかな





『4つ…』





◆『ハイレベル…(笑』






エヘヘッと笑う私の肩をもって
名前は






◆『がんばろうねっ♪』




と言った






『うんっ』
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ