その瞳に映るもの

□初課外授業!
1ページ/34ページ




【死武専 廊下・掲示板前】







『かがい…じゅぎょう…??』




マ「うんっ、決められたノルマの
鬼神の卵の魂を集めなければならないの」





私とマカは今
次の授業である課外授業、
それの掲示板の前にいる



もちろん 生徒だらけ







『マカはどれにするの?』



マ「んー、イタリアとかいいなぁ〜、
あ、ちょうどあそこにある

フィレンツェ″

とか よさそう♪


ソウルも ゴシックな建物好きだし」





へぇ、そんな基準で探すんだ…




マ「ここだとしたら

ノルマは 魂 3つ んー、大丈夫かなっ

ここにしよっと!」




そういってマカは人混みを掻き分けて
その内容が書かれている板にサインをする





えっ、マカ もうきめちゃったよ〜…


私どうしよう…




はっ!そうだ やっぱり 名前 に来てもらおう










何で一人かと言うと











[30分前]



◆『名前ちゃんっ♪』



教室で隣から話しかけてくる名前






『ん?なに?名前』






◆『次の授業初めてでしょ? 』





『??』




あれ、まだ授業あるの?






◆『ゆっくり、自分で考えて
名前ちゃんが行きたいところ選らんで!
じゃっ!』



『へっ?ちょっ、まって!?』




しかし 彼は とびっきりの笑顔で去っていった













『どゆこと…?』
























そして今にいたるわけである








んー、名前を探しに行く前に
ちょっとみてみるか





マカはクスッと笑い
名前の後ろに立っている






一つ一つ見ていく








色々な場所があるなかで1つの内容に

私の目は止まった










『あ…あそこだ…』
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ