その瞳に映るもの

□補習!?そして彼らと会う
2ページ/33ページ


ソ「なぐるコトねェだろ…」


マ「それがシド先生だって言うの?ウソウソ どうせ誰かの作り話でしょ」




―ガラガラ






うあ、どうしよっ

赤ノッポ 教室はいっちゃった…


教室の開いた扉の前に立つ私




名前…いるかなぁ







スピ「あーだまれー、授業始めるぞー、っと前に新入生がいる」



ソ「新入生?きいてねぇな」

マ「いきなりだね」



◆『!!』




スピ「おい、入れ」



ビクッ


き、きた うぅ 緊張する…


マ「………」


ソ「……な、なんじゃありゃ」




ギクシャク ギクシャク




◆『…ぷっ!あれじゃあロボットだよ(笑)』



な、なんだ! 私をみて笑っている!?



スピ「…おいおい、もっと肩の力ぬけって」



『うるさい!』



はっとし
私は教室を見渡す


彼は、







上から手を振っていた




その瞬間私は
あの暗い青い瞳に光が満ちる





スピ「名前だ、仲良くしてやってくれ。ついでにこいつは 武器だ まだパートナーがいないから 同じくパートナーがいないやつがいたら 組んでやってくれ」



『へっ?パートナー?』


スピ「あぁ、その説明してなかったな、まあ、武器ときたらそれを扱う職人がいるんだよ、お前には職人が必要だ」



私を扱う職人…?



『そんなのいらない』



スピ「…は?」




『私は職人なんていなくても戦える』




その言葉と同時に罵倒が飛ぶ




「あいつ、武器のくせして何言ってんだ? ケラケラ」

「武器が戦えるわけねぇーだろ!」


―ザワザワ


ソ「あーあ、うるせーな」


マ「ひどいいわれようね…」




言いたいだけいえばいい
私は1人で戦うんだ



スピ「おいおい だまれ!」



スピリットが言ってもおさまらない




すると
1人の声がみんなの発言を止めた
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ