その瞳に映るもの

□補習!?そして彼らと会う
1ページ/33ページ



[初当校当日]



な、なんだかドキドキする…


あぁー!緊張っていうのか!これは!


どうしよう…


学校っていうのは 同じくらいの子が団体で学ぶとこであって

敵を倒すとこで、えっとえっと…




あぁー、頭混乱してきたぁー




スピ「おい、なーにしてんだこんなとこで」



私が頭を抱え込んで座っていると
あの長身赤髪がいた



『あ、赤ノッポ』



スピ「だーれが赤ノッポだ!ほら、早くいくぞ!」



ズリズリと引きずられる




うぅ、やばい 心臓破裂しそう…








【死武専・クラス】


ソ「なぁ、マカ」

マ「うるさい、今 本よんでるの。邪魔しないで」



ソ「何怒ってんだよ このガリ勉」




マ「…………マカ チョーップ!!」

ソ「ふごっ!!…ま、マジいてェ…」



マカ「何?話って」


ソ「あのな、さっき聞いた話なんだけどな。 前の担任いたろ?なんつったっけ?くたばったろ?みけんに自由の女神が刺さったやつ」


マ「シド先生ね… ″みけんに女神事件″。それが?」


ソ「知ってっか?最近死武専のやつらが襲われてるらしい、隣のクラスのやつなんてボコられたらしいぜ。んで 犯人の姿がかわってるんだとよ」


マ「うん」




ソ「その犯人の姿がー……







みけんに穴の開いたゾンビだったぁぁああ!!




マ「いぎゃあああ!!




鈍い音が響きわたった―……
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ