中編集

□危険な花園
2ページ/37ページ

 


 人を外見で判断してはいけません。
 そう教育されてきた花園左京だったけれど、自分が外見で判断されたらどうしたらいいのか、それを教えてもらわなかった。
 一つ違いの兄、右京はうまくやってることを思えば、それが分からないのは教育のせいではないのだろう。

(どうしよう?)

 だからこんな時は、ただ途方に暮れるしかなかった。
 大きな青空を眺め、この時間を耐え抜こうと決意するが、相手にそんな左京の気持ちなど理解できるはずもなく、余計に怒りを買ってしまう。

「てめぇ、人の女横取りしといて、シカトしてんじゃねえぞ」

 ドスの利いた脅すような声。なまじ顔が格好いい部類にはいるだけに、その迫力は増している。
 一般的にガラが悪いと言われる生徒だ。普段だったら、絶対に左京とは関わり合いにならないタイプだろう。

「君の彼女?」

 だから、ちょっとだけ興味が湧いたのかもしれない。
 まったく身に覚えはないのだが、話ぐらい聞いてみてもいいかもしれないと思うほどには。

「俺のじゃねえけど……大事なダチの女だ」

「へぇー」

 こんなにいかつい顔でも、彼は意外に友達思いのようだ。
 やはり人は外見で判断できないと、左京はしみじみ実感してしまう。

(多分、右京ちゃんと僕を間違えてるんだ)

 しかも結構おっちょこちょいらしい。
 女遊びが激しいのは、左京ではなく兄の右京のほうだ。
 よくこんなことがあって慣れたが、左京は彼女一人いた試しがない奥手少年だった。

「ごめんね。代わりに謝っておいて」

 身内の罪は自分の罪。
 左京は自分が悪いわけでもないのに、右京の代わりに謝ってしまった。
 謝った――つまり、罪を認めたも同然だ。男の顔がみるみるうちに、怒りの形相へと変化する。

「謝ってすむ問題じゃねえだろ! しかもなんだよ、その他人事みてーなふざけた謝りかたは!」

「んー?」

 そう言われても困ってしまう。
 他人事って、現に他人事以外のなにものでもないし、実状が分からなければ、なんと言って謝ればいいかも分からない。
 左京が首を捻っている間も、男の怒りは加速していった。

「てめぇも同じ目に遇わなきゃ分からねえか! その女、俺が奪い返してやる!」

「あー、うん。それでもいいけど、君の友達が悲しむんじゃないかな?」
 
「うっ……」

 昔かたぎのヤンキーではないが、不良と呼ばれる部類に入る強面。
 だが、左京に突っ込まれて言葉を詰まらせる様は、ただのバカとしか言いようがない。

「どうしよっか?」

 そんな姿があまりに不憫で、つい相談に乗るように男に尋ねる左京だったが、余計に相手を怒らせる羽目になる。
 
「だったら、てめぇをヤッてやる! そしたら、女抱く気力も削がれるだろ!」

 男は完全にキレて、暴れるみたいに喚き散らした。

「はい?」

 頭の回転が鈍い左京が分からないと、キョトンとした顔を見せるが、話が飛躍しすぎてて、誰もついて行けないだろう。
 しかしながら、男はその案に自画自賛してるみたいで、我ながらいい考えだと満足そうだ。

「なんか文句あるか?」

「いや……べつに」

「なら、明日の放課後にでもホテル行くから覚悟しとけよ!」

「あっ……」

 言うだけ言うと、男は踵を返してさっさと姿を消してしまった。
 取り残された左京は微妙な顔をしている。
 なぜ、左京はあんな無茶な要望を呑んでしまったのか、一般人には皆目見当もつかないだろう。

(やるって……ホテルでなにするんだろう?)

 って、そこからかい!
 そもそも根本的なことから分かってなかった左京にとっては、さっきの会話がどれだけ重要な内容だったかも分からないはずだ。
 花園家は、代々呉服屋を営む地元じゃかなりの名家。お坊ちゃま育ちの左京がホテルと聞いて、ラブホテルを思い浮かべるはずもなく、

(あっ、そういえば名前聞いてなかったな)

 なんて、呑気に自分の失態を反省したりしていた。
 ちょっとした緊張感が薄れて、左京の顔にも安堵の表情が見られる。
 知的で聡明。クールビューティーとまで称される花園左京は、残念なくらいに天然で理解能力の低い少年だった。



「花園、どこ行ってたんだ? また絡まれてたんじゃないよな」

 左京が教室に戻ると、ひどく心配した様子の眼鏡をかけたクラスメートが駆け寄って来た。
 声のボリュームが抑えられてるのは、彼しか左京の実態を知らないからだ。
 周りの左京へのイメージを崩したくないから、というわけでもなさそうだが。

「まあ、そんな感じだけど大丈夫だよ。委員長」

 そう、彼は左京のクラスの委員長、安達修。
 堅物そうな外見を裏切らず、成績は学年のトップである。頭のよさからか、左京の本質を見抜きなにかと親切にしてくれる存在だ。

「でも心配だよ。花園はその外見のせいで、誤解されやすいから」

「僕、そんなに絡まれやすい外見してる?」

「そうじゃなくて……」
 
 見上げてくる左京の瞳は、人を挑発するような危うい色気を醸し出している。こんな目で見られたら、どんなにひどい扱いを受けても近づきたくなるほどに。
 だから、危険なのだ。本人は自覚のないまま、周りだけが振り回されてしまう。
 巻き込まれたら、相手は勝手に好意なり憎悪なりの、なんらかの感情を左京に抱いてしまうだろう。
 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ