中編集

□ブラックストロベリー
2ページ/22ページ

 


 閉店まであと三十分。入ろうか。入らないか。
 美味しいケーキを出してくれる『Strawberry』という名の喫茶店の前で悩んで五分。入っても寛いでる時間はない。

「ハァ……」

 俺は深いため息をついて、憂鬱の原因を思い出していた。
 また、振られたのだ。
 見た目にはそこそこ自信がある。給料だって、人並み以上には稼いでいるつもりだ。
 告白してくるのは、大抵相手から。別れを告げてくるのは、必ず相手から。

(ああ……俺の癒やし)

 追い討ちをかけるように、雨が降ってきた。
 閉店まで、あと十分。入るか、入らないか。いや、もう入ってる時間はないみたいだ。
 バイトだか社員だか、いつも気持ちのいい接客をしてくれる青年が店から出て来て、シャッターを下ろそうとしている。

「あれ?」

 雨の中、佇む俺を不審に思ったのか、青年は俺に視線を向けた。
 目が合う。常連客だから、気づかれたよな? 恥ずかしい。

「どうぞ、中に入ってください」

「……えっ?」

 もう来れなくなるじゃんか。なんて考えていたら、爽やかな笑顔を向けられた。
 青年は、シャッターを下ろす手を止める。

「ビチャビチャじゃないですか。風邪、引きますよ」

「あっ……」

 凍えそうだった頬が、一瞬で朱を帯びた。
 どうしてここは、いつも俺の傷ついた心を癒やしてくれるのだろう。
 甘いケーキ。美味しいコーヒー。優しい店員。

「すぐ、あったかいもの出しますから」

 誘われるまま、俺は彼の後について行った。そっと、涙を拭い去って。
 

「ショートケーキは売り切れてしまったので、ガトーショコラでいいですか?」

 俺が一番に好きなのがショートケーキ。次がガトーショコラ。よくそこまで覚えていてくれたよな。
 俺が来ると、必ずこの青年が接客してくれるんだ。もしかして、俺に好意を持ってる、とか?

「今日はビターな気分じゃないから、ケーキはいいや。代わりに、ココアくれる?」

 つか、そんなことよりこれ以上俺に苦い思いをさせないでくれよ。まったく、空気の読めない奴だな。

「じゃあ、たっぷりクリーム乗せてあげますよ。もちろん、ココアにも」

「ふーん。じゃあ、それでお願い」

 カウンターの席に着くと、俺は静まり返った店内を見渡した。
 いつもは賑わった時間に来るから、少し変な感じだ。

(バイトじゃなかったんだ)

 カウンターの中に入って行く彼を見て、俺はそんなことを考えていた。
 スマートで無駄のない立ち振る舞いや、穏やかな物腰。見た感じ、同い年か、ちょっと年上くらいだろう。

「どうぞ」

 目の前にココアを出されて、俺はハッとする。
 寄せられた顔。よく見れば、なかなかの美男子だ。清潔感のある短髪と端正な雰囲気が魅力的に感じる。

(仲良くなりたいなー)

 自然とそんな考えが浮かんできた。俺は友達がほとんどいない。女の子と同様に、最初は寄ってくる同性も仲良くなる前に離れて行ってしまうのだ。

「冷めますよ。どうかされたんですか? 悩みくらいなら、僕にも聞けますよ」

 暗い表情でうつむいていたら、彼は穏やかな笑みと声を、俺に向けてきた。
 
「名前、教えてよ。友達になりたい」

 悩みを洗いざらい話し終えたあとで、俺は勇気を振り絞って、そう告げる。
 彼は一瞬驚いたような顔をすると、すぐに満面の笑みを見せてくれた。

「黒沢伊知。ここのオーナーの息子で、今は見習い中です」

「イチ?」

「イチゴのイチ。ちなみに妹の名前は、桃です」

「へー。安易な名前の付け方だな」

 だったら2もいるんだろうかと、くだらないことを思っていたら、どうやら違ったみたいだ。
 それより、なんて呼べばいいのかな? 黒沢君? 伊知君……は違うかな?
 自分から声をかけたのなんて初めてだから、正直どうしていいのか分からないんだ。

「僕にも、名前教えてもらえますか?」

「ああ、俺は広瀬涼。若く見られるけど、今年で二十五だよ……黒沢君」

「じゃあ、涼さんの方が年上ですね」

 こっちは名字で呼んだにも関わらず、いきなり名前で呼ばれて、ドキッとした。
 俺の方が年上ってことは、二十三、四なんだろう。べつに敬語じゃなくてもいいような気もするんだけど、親しき仲にも礼儀ありなのかな?

「さっきの続きなんですが、涼さんはどうして周りが離れて行くか分からないんですよね?」

「うん」

「そんなの、簡単なことですよ」

 質問する前に話を振られて、俺はおとなしく聞くことにした。
 それより、どうして黒沢君には分かったのだろう。それだけ俺を見てたってことなのか?

「それは、涼さんの性格が悪いからですよ」

「はっ?」

「バイトも皆、涼さんの接客するの嫌がるんですよね。だから、僕がいつも代わってあげてたんです」

 頭の中が真っ白になって、なにを言われているのか分からなかった。
 つまり、俺の性格が悪いってことが、すべての謎を解く手がかりだったのか。
 ってー、俺って性格悪かったのか!?
 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ