中編集

□恋の法則
2ページ/29ページ

 


 なんだろう。なにかがおかしい。いや、なんか違う。だから違うって!
 繰り返し否定してみても、周りはそれを受け入れてくれない。どうせ外見で判断されてしまう。そんなの、とっくに諦めたことだ。




「いやっ、やめてくださいっ! 離して!」

「可愛い顔して気が強いなぁ、姫は」

 なんと悲惨なことに、昼寝してて起きたら、面倒な場面に立ち会ってしまった。
 いや、俺はただ屋上で昼寝してただけだって。ヒーローじゃないから、助ける気もないし。
 って、ここ男子校。姫がいるはずナイナイ。

「あっ――助けてっ!」

 ナイナイと首を横に振っていたら“姫”が俺のほうに駆け寄ってきた。
 つくづく運が悪い。ぼけーっとしてないで、さっさと立ち去るべきだった。
 俺に気づいた二年と思える先輩が、すごい勢いでガンを飛ばしてくる。

「なんだ、お前?……ああ、お前が王子ってわけか」

 王子? お決まりなので周りをキョロキョロ見渡してみる。俺と姫しかいない。
 一応自分を指差してみたら、二人に同時に頷かれた。
 つまり、この状況で王子ってのは俺になっちゃうわけね。ガックシ。

「なに黙ってんだよ!」

 いや、あんたに答える義務なんてないから。

「…………」

 とか思いながら振り返ってみれば、俺にしがみついて震える姫。どうやら、ここをどうにかしなければ俺は解放されないらしい。
 とりあえず、先輩と見つめ合ってみた。
 この先輩、けっこう身長あるな。筋肉もついてるし、顔もそこそこイケてる。姫はなにが不満なんだ? もったいない。

「……ちっ、今日のところは諦めてやるよ」

 まだなにもしてないのに、何故か先に音を上げたのは先輩だった。
 はぁ……行っちゃうんだ? もうちょっと見つめ合ってたかったのに。
 
「すごい迫力っ! さすが穂積駿君っ! 助けてくれてありがとう」

 先輩の背中を見送っていたら、姫がキャッキャッとはしゃぎだした。
 いや、べつに助けたわけじゃないし。目つきが悪いとはよく言われるけど。
 姫は俺より10センチ以上目線が低い。162センチってとこか。それに目が大きくて顔は女の子みたいに可愛い。確かに男子校じゃあ姫だわな。

「なんで俺の名前知ってんだ?」

 しかもフルネームで。

「有名だよー。あっ、僕は成瀬由宇。二組だよ」

 なにが有名なんだと思いつつ、俺は姫こと、成瀬を見下ろす。
 マジちっちゃい。抱きしめたら壊れちまいそうだ。
 成瀬はうるうるした瞳で俺を見上げてくる。

「穂積君……ずっと、気になってたんだ」

 な、なんだ? なんかピンク色した甘いムードが見えるぞ。
 どうぞ俺のことはお気になさらずー。

「じゃあ……」

 ヤバいと感じて俺は後退ろうとするが、その前にシャツの裾をギュッと握られて動けなくなる。
 来るか。来るか。と構えていたら、やっぱり来た。

「好きですっ! 僕と付き合ってください!」

「っ!」

 しつこく言います。ここ男子校。俺、男。姫でも、男。
 ああ、そういえば、入学以来こんなことが度々あったっけ。

『カレシになってください!』

『僕を好きにして!』

 そんなこと言われてもーって感じだよな。それも、みんなちっちゃくて可愛い顔した男の子たちに。
 だから違うんだよ。そうじゃないんだって。

「返事はいつでもいいから。待ってるね」

 待たれても困る。俺、男なんて興味ないし。
 どいつもこいつもなんなんだ? 男子校に入ったら、男を好きになんなきゃいけないって法律でもあんのか?
 


 いや、こいつだけは生粋の女好きだったか。こいつのナンパに、俺はいつも付き合わされているんだ。
 こいつ曰わく、俺の顔は『メンズ雑誌のモデルでもやってそうなイケメン』らしいから。
 つっても、女なんて煩わしいだけだから興味ないけど。

「つまり、姫に告られたわけか?」

「そうなんだ」

 こいつ、クラスメートで友人である堀田明に、今し方起きたことを相談したら、思いっきり大きなため息をつかれた。
 昼休みはそろそろ終わるっていうのに、クラスの半分の生徒も戻ってきてない、静かな教室。
 まあ、聞かれたいことじゃないから都合はいいけど。

「お前、これで全校生徒から恨まれんぞ」

「なんで?」

「あたりまえだろ」

 せっかく説明を受けているところだったのに、急に教室内が騒がしくなって、話を中断させられる。
 騒ぎの中心であるドアのほうを見れば、背の高い男がなにかを叫んでいた。

「穂積っ! 穂積駿はどこだっ!」

 まるで道場破りにでも来たかのような気迫に、俺は息を呑む。
 ん? 穂積駿って俺じゃん。

「さっそく来たな」

「なに、あいつ」

「第一の障害だ。さしずめあれはナイトってとこか。王子と姫は、簡単には結ばれないんだよ」

「はあ?」

 まったくもって意味が分からん。王子が俺で、姫が成瀬だろ? 結ばれたくなんてねえし。
 どちらかと言えば、俺は……。

「おい、穂積だな? ちょっと来い」

「は?」

 見上げた先には、さっきまでドアで叫んでいた男がいた。
 バスケ部かな? 俺より10センチ近く高いな。なんかいいな。胸板とか厚そう。触ってみたいかも。
 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ