中編集

□彼の背中
2ページ/50ページ

 


 卒業間近の校庭。桜の木はもう蕾をつけようとしているのに、気温だけはやたら寒く感じる。
 少年は自分の身体を抱きしめて、寒さと驚きで唇を震わせていた。

「……えっ?」

 突然吹いた風に言葉を攫われて、一瞬、聞き間違えたのではと、大きな瞳が揺れる。
 けれど、目の前の瞳は揺らぐことはなく、聞き間違いなんかじゃないと伝えている。

「今……なんて?」

 だから、ただ目を見開いて、意味がわからないと、首を振って相手を見返すことしかできなかった。
 今し方聞いたことを忘れてしまおうとしても、彼は同じ言葉を繰り返すために、再び口を開いてしまう。

「――好きだ」

 目の前が真っ暗になった気がした。
 信じてた。友達だと思ってた。
 その言葉の意味を知るには、まだ、少年は幼すぎたのだ。自分の気持ちに目を向けようともせずに、彼が裏切り者だと決めつけて。
 見上げるほど高い位置にある、彼の横顔を見るのが大好きだった。自分にはない、男らしい顔つき。
 誰よりも信じていたのに……。友人と呼ぶよりも、兄のような存在で。だから、突然の告白はショックだったのだ。
 恋心を自覚した今となっては、彼の背中を見送ることしか、許されていないけれど――……。







 
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ