Do you〜?

5話
1ページ/4ページ

【筋肉強化トレーニング】







 Do you hurt?





 その声は優しく穏やかなものだった。





 May I touch you?





 もちろん、オレの答えはNOだ。



 そんなのあたりまえだろ!










 白いカーテンで隔離された空間で、オレは怒りに震える拳をきつく握りしめていた。



 現在オレは、連れてこられた保健室のベッドの上に寝かされている。



 養護教諭が不在で、不本意ながら先程まであいつに足の手当てをされていたのだ。



 当然抵抗したが、やすやすと取り押さえられ、強引に押しきられたんだからしょうがない。



 屈辱感と怒りで、オレの顔は真っ赤に染まっていた。




(あの野郎……)




 思い出すだけで腸が煮え返ってくる。



 オレの足首に包帯を巻きながら、あいつは……



 まるで傷を癒やすように、足首と爪先にくちづけをしてきたのだ。



 変態だとわかっていたはずなのに、油断した。



 オレより痛そうに歪む顔に、冷静な判断力を奪われた。




(だからなんだよ?)




 そんなの、オレが気にすることなんてない。



 オレが気にするようなことじゃない。



 だって……



 あいつは、ただの変態野郎なんだから。
 







 あの日のことをいくら忘れようとしても、それは容易なことではなかった。



 あんな衝撃的な事件、忘れろったって無理な話なんだよ。



 せっかく忘れてやろうとしてんのに、そっちから近づいてきたんだぞ?



 オレは悪くない。



 あのときだって、オレはちゃんと自分の意思をあいつに伝えたはずだ。








 春休み中のある晩、コンビニに行った帰り道、オレは変質者に出くわした。



 ちなみにそれはあいつのことだ。



 あのときはすぐそこまでだからと、黒のカラーコンタクトも黒縁の眼鏡も、本来の自分を隠すアイテムはなにもつけてなかった。



 顔を隠すために伸ばされた長い前髪は、母親のヘアピンで留めて額を出していた。




『ハァ、ハァ……』




 その額に息がかかるほどの至近距離で、男が呼吸を乱していた。



 ひとの耳元でハァハァさせてんじゃねえよ、変態くそ野郎!




『どうして君は逃げるんだ?』




 逃げたオレは、追いかけてきたあいつに捕まってしまったんだ。



 オレに追いつけるやつがいるとは思わなくて、信じられない気持ちでいっぱいだった。



 正直かなり混乱した。



 パニックだった。



 それでも果敢に挑むように、オレは恐怖で怯える瞳を懸命に隠して、変態野郎を睨みつけてやった。








 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ