Do you〜?

3話
1ページ/3ページ

【早くもピンチ到来か】







「ちょっとちょっと、あなたが結城乃亜? 学年一位とかすごいじゃん」




 休み時間に入ると、隣の席の女子が遠慮会釈もなく話しかけてきた。



 どうせいつかバレることだったが、けっきょく自己紹介とかさせられて名前バレしてしまったのだ。



 正直なところ、あまり話しかけてきてほしくない。



 まあ、初日くらいはしょうがないし、我慢するしかないけどな。




「乃亜って、ノアの方舟からきてるとかー? 可愛い名前だよね」




 名前負けしてるって言いたいんだろう。



 父親が発音しやすい名前にしただけで、そんな由来などは皆無だ。



 そもそも男が“ノア”って名前でも、べつにおかしいことじゃない。



 間違ったイメージを持ってる日本人のほうがおかしいんだ。



 どうせすぐオレは教室でも空気みたいな存在になる。



 少しの辛抱だ。



 いまはなにを言われたって我慢してればいいだけだ。




「あたしは戸村小梅。ウメちゃんて呼んでいいから」




 小梅なんてずいぶんと古風な名前だな。



 地味でうらやましい限りだ。



 ウメちゃんと呼ぶことはないだろうけど。




「あたし去年3組だったんだけど、そっちは?」




 返事をしないオレを気にするわけでもなく、戸村は平然と話しかけてくる。
 


 若干うざい。



 相変わらず注がれ続けてる視線も、うざくてたまらない。



 あいつは数人の女子に囲まれて素っ気ない態度であしらってるが、飽きずにオレのことを見ている。




「せっかく同じクラスで席も隣同士になったんだから、仲良くしようよ。えっと、ノアだから……ノッチでいいよね?」




 うわ、ダッセ……どこらへんがいいんだよ。



 理解不能なんだけど。




「あたしね、人間観察が大好きなんだよねー。今年のクラスは面白そうなのいっぱいで嬉しいわ」




「へー。そうなんだ」




 純然たる棒読みだ。



 ハイハイ。勝手にしてください。



 どうぞお好きに。



 オレに構ってくんのも地味で冴えない人間が珍しいだけなんだろ?



 こいつ、こんなんで頭いいんだー?



 みたいな。



 だからテストで一番とかとりたくないんだよ。



 オレは目立ちたくなんてないのに。




「なんだ、声も可愛いっていうか綺麗じゃん。もっとしゃべってよ」




 やだよ。



 にしても、この話しかけるなオーラが見えてないのか?



 オレまだ目すら合わせてないぞ?



 普通だったらここで引き下がるはずなんだけどな。



 おかしいな。なんか調子狂うんだよ。







 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ