Do you〜?

8話
1ページ/3ページ

【学校のカイダン】








 これからみなさんに、とっておきの怖い話をしてあげよう。



 本当に怖いから、覚悟を決めて聞いてくれ。



 その日――オレは登校してから、まず自分用に割り当てられたロッカーに向かったんだ。



 そうだな、高さは2メートル弱、幅は30センチってところか。



 もちろん中には仕切りがされていて、オレが置きっぱなしにしている体操服や私物やら、それ以外にも参考書の類なんかが入ってるんだ。



 ほかのなにかが入り込む余地なんて、ないはずだった。



 けれどなぜか薄気味悪いような、嫌な予感は最初からしていた。



 オレは恐る恐る扉に手を伸ばす。指先がわずかに震えていたが、勇気を振り絞った。



 そして思いきって扉を開けたら――



 そこには……



 なんと……



 恐ろしいことに、変態マッチョ野郎が挟まっていたんだ。



 ウソじゃないからもう一度言うぞ? ここはすごく重要なところだ。



 オレが使っているロッカーの中に、マッチョがぎゅうぎゅうの状態で入っていたんだ。



 オレは言葉を失った。夢でも見ているのかと、我が目を疑った。



 思わず扉を乱暴に閉めて、ここまで逃げてきたけど……。




(あれってオレにしか見えない妖怪とかだったのかな?)




 そう、その日とはじつは今日の話――それもいまさっきの話だ。



 あれから、オレにつきまとっていたストーカーからの被害はなくなっていた。
 


 ああ、間違った。それはただのオレの願望だ。実際はなにも変わってなんていない。



 だって、



 ロッカーの中で変態に待ち伏せされるとか、尋常な事態じゃないだろ?




(真面目に寺に行ってお祓いしてもらって、御札ももらってくるか……)




 悪霊退散の札はマッチョにも有効だろうか。



 痛む頭を押さえて、オレは教室に入った。



 ロッカーの中に一時限目に使う参考書があったが、それは今日はあきらめよう。



 まともに授業なんか受けなくたって、どうせオレはそれなりの成績を残せるんだから。




(えっと、課題は昨日のうちに終わらせて机の中だっけ?)




「確か……――っ!?」




 な、なななななななななななななんだ!?



 机の中を覗き込んだオレは見てはいけないものを目にしてしまい、ガタッと椅子を鳴らして立ち上がった。




(いやいや、もう一度確認してみ……ぎゃあぁぁぁっ!!)




 つ、机の下になんかいたぞ。



 おでこに赤いコブみたいなのをつくった、マッチョらしき生物がオレの机の下にいた。



 だからあんときすごい音がしたのか……じゃない!




「おはよう。さっきLockerの扉で額をぶつけてしまって、たんこぶになってしまったんだ。撫でてくれないか?」




「ひぃっ!」




「君が撫でてくれたら治るかもしれないよ?」




 ぬるぬるっと這い出てきたそれは、オレに向かって巧みに言語を操って話しかけてきた。



 てか、普通にそんなとこから出てきてんじゃねえよ!



 どうしてだれも、この異常な事態を疑問に思わないんだ……



 やっぱり、これはオレにしか見えていないのだろうか……。








 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ