Do you〜?

7話
1ページ/4ページ

【激情の矛と友情の盾】








 ここ数日間、執拗にストーカー行為をされている。



 それは高校生になってから初めて、オレに友達ができてからのことだ。



 以前より色濃く、悪意すら感じる視線がつきまとうようになったのは、できたばかりの友人と、まだぎこちない会話をしているときだった。








 クラスの連中がオレと筒井が一緒にいる姿を目にしても、その視線は綺麗にオレだけを避けて流れていく。



 オレが恐れていた周りからの反応は、さほど心配するようなものではなかった。



 それは人好きする筒井の性格のおかげだろう。



 筒井だったら、べつにだれと仲良くしてようと気にならないし、おかしいと疑問を感じることもない。そんな雰囲気があるのだ。



 だからオレは相変わらず空気だ。安心して透明人間でいられた。




「結城って、なんかいまハマってることとかあるの?」




 少しでも会話が途切れそうになると、必ず筒井から新たなネタが提供される。



 そんな素振りは見せないが、オレが答えるだけでいいように気を回してるのかもしれない。




「べつに……あっ、でもコンビニで売ってるアイス全部食って制覇してみたりとか、くだんないことならやってる」




「マジで? 俺もアイス好きなんだよ。部活終わりとか、無性に食いたくなるんだよな」




「オレなんて買いだめして毎日食ってる」




「だったら、あれもう食った? ゴリゴリくんシリーズの新商品」




「桜餅味?」
 



「そう! それそれ」




「あれは、まあまあ美味しかったな――ん?」

「あれは、くそマズかった――ん?」




 正反対の感想を同時に発言してしまい、思わず筒井と目を合わせて吹き出した。




「あー、ウケる。結城って味覚おかしんじゃないか?」




「筒井だって、味音痴だろー」




 しばらくぶりに大笑いしたせいか、腹が引き攣れたように痛い。




(あれ? なんでオレ、こんなに笑ってんだ?)




 自分に得があるという理由で友達ごっこを始めたが、いまはそんなことは関係なく、ただ筒井と一緒にいるのが楽しいと思う。



 くだらないことが楽しいなんてこと、すっかり忘れていた。



 それを思い出させたのは筒井だ。



 横に並ぶ相手は違うけれど、まるで昔に戻ったような気さえする。



 気持ちが過去に呼び戻されるように、毎日笑って過ごしていた自分が帰ってくる。




(なんか、めちゃくちゃ楽しい――えっ?)




 再び込み上げてくる笑みをかみ殺してうつむくと、横顔に強烈な視線を感じた。



 顔を上げると、そこには暗い表情で立ち尽くしているあいつの姿があった。




(……讓?)




 目が合った途端、顔を背けて静かに立ち去ってしまう。




(どうしたんだ?)




 なにか様子がおかしかった。



 いや、頭がおかしいのはいつものことだから、それとは違う意味で。



 傷ついてるような顔に見えたが、どうしてあんな表情をしていたのだろうか。









 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ