Do you〜?

4話
1ページ/3ページ

【恐怖のお姫様抱っこ】






「はぁ……」




 これで本日何度目のため息になるだろうか。



 かなり気が重い。



 母親の『ため息ついたら幸せ逃げちゃうわよ』って声が聞こえてきそうだ。





 前日に丸一日をつぶして、身体測定を終えたばかりだった。



 あいつの存在も相変わらず憂鬱の原因だが。



 今日は運動適性テストがあるのだ。



 国で定められているものではなく、学校独自でデータをとっていて、これは毎年全学年の生徒が全員、受けなければならない。



 当然、単位にもかかわってくるからサボるわけにもいかず、オレはまたため息をつく。



 かなりダルい。



 というより、すごく神経使うからやなんだ。




(とりあえず真剣に適当にやるかー)




 種目は五つだ。短距離と持久走、幅跳びと高跳びに、ボール投げ。



 100mは流しすぎて15秒弱のタイムになってしまったが、それでも許容範囲内だ。



 その点1500mは周りに合わせられたから、比較的楽だった。



 ハンドボール投げも、走り高跳びもまあなんとかクリアだ。



 どれも平均的なタイムや記録だろう。




(やべ……っ)




 しかし、油断してたオレにそれは突然襲いかかってきた。



 オレにとって陸上競技とは、身体に濃厚に染みついたもの。
 


 いい記録を出すことより、へたに力を抜くほうが難しいことだ。



 真面目にやらないからへそを曲げたのか。



 いや、逆だ――




(この踏み込みだと、距離が伸びすぎる!)




 陸上の神様はまだオレのことを愛し続け、自分のもとへ引き戻そうとしているのだろう。




(悪いけど、オレは絶対に戻らない……!)




 わざと体勢を崩し、オレは不様に土の上に転がる。




「――……っ」




 むちゃな動きをしたせいで、足首をおかしな方向に捻ってしまった。



 ズキッ――



 立ち上がることができないほどの激痛が、足首から脳天にまで突き抜けていく。



 クスクスと、女子たちが痛みに耐えるオレを見て笑う。




「大丈夫か?」




 土まみれになって蹲ってるオレに、後方で順番を待っていた筒井が声をかけてきた。



 オレが平気だと答える前に、クスクスが突然ざわめきに変わった。




(どうしたんだ?)




 ドドドドドドドド




(な、なんだよ?)




 オレに向かって、ものすごい勢いで走ってくる影がある。



 そのフォームは、海外の陸上選手のもののように美しい。



 それにめちゃくちゃ速い。



 これだったら、高校生の短距離の記録を打ち破ることができるかもしれない。



 自分の意思とは無関係に、その走りに心奪われていた。








 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ