short

□☆::*Happy-New-Year*::☆
1ページ/1ページ


「もーも♪」

「あ?」


なんか妙に嬉しそうな炉威が俺の隣に座ってきた

なんだコイツ。何か怖いぞ?


ニヤニヤしながら俺を見上げる炉威。
まぁ可愛いから許すけど


「なんだよ気持ちわりぃな…」

「あのね、あと10秒後に…」


炉威は腕時計を見つめてからまた俺を見上げた


「年明ける!!あと8秒!」

「お、おぉ!?な、何する!?」

「うん!それ聞きに来たの!どうしよあと5秒!!」

「ちくしょう目ェつむれ!!」

「はい!」



炉威は目をギュッと閉じて自分の目を隠した
なんだよ可愛いな

俺は炉威の腕時計を見てあと3秒のところで炉威の後頭部に手を添えた


「え?」

「ばーか目ェ閉じろって言っただろうが…」

「んんッ…」




見つめ合いながらキスってのもなかなかイイもんだな。

炉威の目に映った俺を見るのと同時に食堂車の扉が開いた



「ハッピーニューイヤー!!ってゲ!」

「うわっ、なんかやってるぅ!!」

「新年からあっついヤツらやなァ…」

「桃…」



炉威は俺の胸板を押して止めてもらいたそうにしたけど
俺は逆に見せつけたくて無理やり口の中に舌をねじ込んだ



















今年もよろしくな。
ありえない、恥ずかしい…
言っとくけど今年は容赦しねぇからな


end

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ