short

□誕生日
1ページ/2ページ




寒い冬のある日、部屋でくつろいでいるといきなりドアが開いた


「!?」

「こんばんは。」

「びっくりしたぁ!!良太郎だったのか…っていうか何で私の家知ってるの!?」



私はヘッドフォンをしたまま壁に逃げた


良太郎はにこやかにドアを閉め、鍵を掛けた

こういうの凄く怖いんだけど…


「逃げなくてもいいのに、」

「だって、良太ろ……んむ」



なんか怖いんだもん、と言おうとした瞬間、良太郎は目の前に膝をついて私の顎に指を添え、キスをしてきた


「今日、なんの日だか知ってるよね?」

「し、知ってるよ。」


私は良太郎を見上げた

すると良太郎はニヤリと片方の口角を釣り上げた



「プレゼント、貰いに来たんだけど…」

「プレゼント……私なんにも用意してない!どうしよう!!良太郎になんて言えば…!!」

「炉威、僕目の前にいるよ。」

「はっ!!…どうしよう良太郎」


キスされて頭がおかしくなっちゃったのかもしれない

私は良太郎から顔を逸らして財布を見つめた


「炉威、何も買ってくれなくていいよ。」

「でも、ン」



またキスで口を塞がれる。


そして良太郎は私の腰に腕を回した



 next→
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ