short

□豹変
1ページ/1ページ




ある日突然、





「おはようございます炉威さん。」




彼氏が紳士になりました




「えー…はい?」



私は何が起こったか分からずに、ただ呆然と立ち尽くした

エプロンつけて爽やかに笑う桃…

良太郎顔負けの紳士オーラを放っていた



誰かに助けてもらいたくて店をぐるりと見渡したけど誰もいない。

え、嫌なんだけどこの紳士…


私は一歩後ずさって桃を見た


「どうしたのですか?ああ、二人きりで緊張しているとか…?」

「え、あの誰ですか?」


私は近づいてくる桃に言い放った。するとびっくりした顔をされた

「!?」

「私は桃ですよ。野上桃。あなたの恋人です。あなたの記憶が無くなったのならば…また私が思い出させて(ry」

「いや黙れ。」


私はいらついて桃の頬をむぎゅっと掴んだ

すると桃は魚みたいな顔で私を見下ろした


「ぬにしゅうんねふか(何するんですか)」

「ねぇ桃、何か変だよ?変すぎて私イラついてきたんだけど」

「きがみゅいじかいでふね(気が短いですね)」

「あなたに言われたくありません。兎に角何でそんなに紳士になっちゃったんですか?」


私はそう言って手を離してあげた
同時に桃の胸の中に引き込まれた


「ぅわ!?」

「炉威さん」

「/////////!?」


桃は私の耳元で、いつもよりワントーン低い声で名前を呼んだ

しかも敬語て…


「て、てでぃ…」

「天丼さんですか?ここにはいませんよ。それよりも私を見てください。私を見て、私名前を呼んでください。」

「えぇぇぇえぇぇえ!?ちょっ、ほんと大丈夫!?///」

「私はいつでも大丈夫です。なんせ最初からクライマックスですから」

「いや、意味わかんないです」

「そうですか……では、教えてあげましょう。」

「え!?ひぎゃぁぁぁぁああ!!」


私は桃に抱き上げられて悲鳴を上げた
ここまで桃が怖いと思ったことはない。
いや、そもそもこれは桃ですか?
てか何で誰も居ないんですか!?


「ちょっと桃!!どこ行くの!?下ろしてよ!!」

「嫌がっても無駄です」

「意味わかんない!!何がクライマックスなの!?」

「強いていえば……私の理性ですかね?」



KUWARERU☆



「いやぁああああぁぁあぁ!!桃ぉぉぉぉ!!助けて桃ぉぉぉぉぉ!!」

「何言ってるんですか?私が桃です。」

「桃ぉぉおおお!!」

「なんだようるせぇな」

「助けて!!って桃!!帰ってきた!!」



私はシラフに戻った桃に抱きついた



「よかったー!!桃があんなに積極的なわけないよねー!!よかったよかった!!」


私は桃の頭をポンポンと撫でた

すると桃は止まっていた足を再び動かした


「あれ、桃…?」

「ずっと我慢してたけどもう限界だ。お前が優しーーーーい俺しか知らねぇんなら怖ーーーーーーーーい俺を教えてやる。てかぶち込んでやる」

「はぁ!?ちょっと待って!!桃!!いやぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ・・・・・」




その後はご想像にお任せします


 end

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ