short

□MerryXmas
2ページ/3ページ




俺は店の外へ出て近くの公園に炉威と向かった



「寒ー。」

「もうちょっとだから我慢しろ」

「うーん…」



炉威は自分の手に息を吹きかけてあっためてた


「…手」

「うん?」

「ほら」


俺は炉威の右手を強引に奪った



「え、…」

「ぉ、俺だってさみぃんだよ!///」

「///」


炉威は顔を赤くして俯いた


公園についてベンチに腰をかけた


「星、綺麗だね……」


そう言って炉威は空を見上げた
確かに曇ってねぇし星がよく見える


「冬の大三角形はベテルギウスとシリウスと
プロキオン。夏の大三角形はアルタイル、ベガ、デネブ…」



俺は炉威がデネブのこと言ってるみてぇでちょっとイライラした


「…綺麗だよね。」

「炉威」

「っ」




俺は炉威の華奢な腰に腕を回して抱きしめた


「俺だけを、見てりゃ良いんだよ…」

「桃?」

「これ…」


俺はポケットから小さな包みを取り出して炉威に渡した


 next→
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ