short

□Deneb
1ページ/1ページ







 ほら見ろ、アレがアルタイルだ。隣がベガ。

 綺麗だねー…

 そしてアレがデネブだ。

 









「―――……」



空を見上げるとはくちょう座が見える。
今日は晴天の星空。


過去に彼が教えてくれた星座

そして大三角形


冬よりも大きな大三角形を見て私は思い出した


「どこ行っちゃったんだろ…デネブ」



そう言ってはくちょう座のデネブを見つめると、返事をするかのように瞬いた


イマジンと人間は結ばれないんだね。
人間なんかに生まれてこなきゃよかった


昔の私がそう言ったらきっとデネブは怒るだろう


「人間なんかに生まれてこなきゃよかった……っ…」


声に出せば涙が溢れてくる
夏の夜、一人展望台で静かに涙を流す



 俺はイマジンだから炉威とずっと一緒にいられない。

 わかってるよ




 でも、俺は…

 デネブ。……言葉に出すと、願いは叶わないよ





私は聞きたかった。でも言わせたくなかった

人間がイマジンを愛してはいけない。



「デネブ……」


そう言って目を閉じると足音が聞こえた



「お前の望みを言え。どんな望みも叶えてやる」


私は聞きなれた声に背を向けたまま呟いた


「……ずっと、一緒にいて」



するとふわりと体を包まれた


「炉威の払う代償はただ一つ。炉威自身だ。」








 言いたいことわかるか?俺と結婚してくれ




end

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ