short

□MerryChristmas前編
2ページ/8ページ






その頃炉威は金と仲良く並んで歩いていた

こういうのを漁夫の利という。


「今日は着物で来なくて正解やったなぁ。」


金はしみじみと冬空を見上げていった

「雪も降りそうや」

「そうだねー。金ちゃんあんまり薄着で生活してると風邪ひくよ?
着物着るならせめてはんてん羽織ってね?」

「せやな。風邪ひいたら炉威と喋れんようになってまうわな。」

「うん。でももしその時は看病しに行ってあげるからね」


炉威は笑顔で金を見上げると、金はおう、といって顔を赤らめた


しばらく雑談しながら歩いていると、スーパーに着いた


「んで、何を買うんや?」

「えーっと、注文しておいた七面鳥と、…あとキャンドル!」

「七面鳥か…炉威達が焼いてくれるんか?」

「うん!楽しみにしててね。キャンドルは飾り付けに使うの。」

「へぇ。本格的やなぁ。うちのクリスマスも。」

「金ちゃんはクリスマスよりお正月の方が様になるね。」

「ほんま?どのへんが?」

「炬燵で寝てるところとか」

「何や、俺がいっつも寝てると思ったら大間違いや!!」


金はいきなり声を上げて「宇宙キタ━━━(゚∀゚)━━━!!」ポーズをした

炉威は驚き、金の腕をグイグイ引っ張って下ろさせた

「わ、分かったから、お店の中で発狂しないで?」

「うーん、しゃあないな。お前の涙に免じて今日は大人しく引き下がったる。」

「いや、何時もにして」


二人はサービスセンターに向かい、注文したものを頼んだ


「えーっと、野上愛理さんですか?」

「代理の炉威です。」

「では取引書をお願いします」

「はーい」



カウンターは男性で、炉威を見ながら赤面していた。

金はと言うと、

「(アイツは何をニヤニヤしとんねん…うちの炉威をジロジロ見んなやアホ。見せモンとちゃうねんで。あー、はっ倒したろかな。いや、ダイナミックチョップでも一発食らわす方がええんか?どっちにしよか?…なんや眠くなってきた。)」

「ではどうぞ」

「ありがとうございます♪行こっか金ちゃん」

「あ、おお。行くか。それ持つで?」

「ほんと?これ結構重いよ?」

「俺をナメてると泣く羽目になるで?ほら。」

金は炉威から袋を奪うと得意げに笑ってみせた


「ありがとう。」

「惚れても知らんで?」

「ふふ、そうだね…」


炉威は少し赤くなった顔をマフラーに埋めて隠した



 next→
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ