short

□溺愛
1ページ/1ページ



「モモ寒い」

「そりゃそんな短ぇスカート履いてるからだろ。」


シートにだらしなく腰掛け、テーブルに足を投げ出すようにのせながら新聞をむモモタロス。
さすがにその相席には座りにくいので、通路を挟んでウラタロスの前に座っているのは、良太郎と同じく特異点の炉威。


「先輩ってば冷たーい。そういう時はさぁ、その脚をさすってあげるんだよ。こう」


ウラタロスはテーブルの下から手を伸ばし、炉威の白い太ももをさらりと撫でた

「ひゃっ!!何すんのウラ!!」

「てめぇスケベ亀!!俺の炉威に何してやがる!!」

モモタロスは新聞をテーブルに投げつけて立ち上がり、ウラタロスの頭をはたいた


「てっ!」

「炉威!お前も何でこんな奴の前に座るんだよ!馬鹿野郎!」

「ごめんなさい…」


炉威は口を尖らせてモモタロスから顔を逸らした

「ん〜……そんな顔すんなよ。こっち来い」

モモタロスはついてくるように促し、隣の車両に移動した

「何?」

「うるさい」

「わっ」


モモタロスは炉威を優しく抱き寄せ、目を閉じた


「心配なんだよ…お前可愛いから。」

「大丈夫だよ」

「大丈夫じゃなかっただろ?さっきも触られやがって…だから怒るんだよ」

「そっか…ありがとう」

「お前に触っていいのは俺だけだ。」

「喜んでいいのかな?それ」

「お前が幸せだってことだよ!俺みてぇな彼氏でよかったなぁ?炉威ちゃん」

「うん、モモ大好きだよ」



種を超えた愛情







初モモ夢…

オチ微妙…
(´・ω・)スマソ


.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ