稲妻11 夢

□そばに、
1ページ/1ページ




「修也、」

「どうした?」

「好き」

「…!どうしたんだ、いきなり…」


正面から抱き着いてそう言えば、修也は頬をほのかに赤く染めて私を見る。
そんな彼の反応に満足しつつも、実は最近少し不満だったりもする。

修也と付き合うことになってから、たくさんの我慢をしなくちゃならないのは承知してたはず。

だって修也は、いつもサッカーで忙しい。

今日だって何日かぶりのデートなんだけど、修也の部屋で二人でぐだぐだするだけ。
まあ、修也はサッカーで疲れてるから仕方ないって言っちゃえば仕方ないんだけどね。


だけど。


「修也」

「ん?」

「あたしのこと、すき?」

「あぁ、好きだ」


優しく頭を撫でてくれる修也の胸に身を寄せて考える。

修也が好き、大好き。
けどきっと、修也にはサッカーが一番で。
時々、私なんか必要ないんじゃないかとさえ思ってしまう。


「……あずさ?どうしたんだ、一体…」

「……んーん、何でもない」


彼の負担にならないようにと頑張っているけど、やっぱり無理かもしれない。
…けど、別れたくない。
そんな想いが交差して、頭がぐしゃぐしゃになる。


「あずさ、」

「ん?」

「顔を上げろ」


ぐいっと顔を上げさせられて、修也と目が合う。
彼との距離が縮まったかと思うと、唇にそっと柔らかいものが当たった。
それが修也のものだと気付いて目を閉じるけれど、その時にはもう修也は離れてしまった後だった。

触れるだけの、小さなキス。

その後ぎゅっと抱き締められて、彼が耳元でため息を溢すのが聞こえた。


「修也、」

「なんだ?」

「あのね、あたし、」


寂しかった。

そう告げれば、耳元で小さくすまないと呟かれる。
それと同時に、抱き締められる力が強くなった。


「あずさ、」

「ん…?」

「これからも、寂しがらせるかと思うが…、」




俺の傍に、居てくれないか…。
(そう言った彼の声は何故か震えていて)
(不安だったのは私だけじゃなかったんだと)
(少し安心した)




------------------
主人公の不安は、豪炎寺が自分を想ってくれているかどうかということ。
豪炎寺の不安は、主人公が自分から離れてしまうんじゃないかということ。
二人とも不安なんだ!
途中から何が書きたいのかが分からなくなりました\(^O^)/


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ