Novel 1

□伝わらない感情は、苦しいだけ
1ページ/6ページ


もっとも、プリンセスらしくないプリンセス・・・・
まさに、そのとおりだと思う。





変なダンスは踊るし、行動がまったくプリンセスらしくない。






でも、あいつらはプロミネンスの力を持っているから嫌でも関わらなくてはならない。


二人を見ていくうちに、まったく性格が違うことがわかった。


姉のレインは、あいつよりいくらかはおしとやか。
でも、やるときはちゃんとやる。しかも、あいつよりもしっかりしていて・・・


正体の知らない俺をちゃんと警戒していた。







それで、妹のアイツは・・・変に一人で突っ走るし、何回もドジを犯すし、
それにすごく、びびりだし・・・泣き虫だし・・・


俺のことを・・・ずっといい人と信じている。







会うたびに何も汚れのない笑顔で俺に話しかけてくる。


ありがとう!とか、やっぱり貴方はいい人だね!とか・・・




アイツは人を疑うという言葉を知らないのだろうか・・・







何度、無視しても諦めずに俺に話しかけてくる。




ブライトの方がお前を思っていてくれるというのに、なんで俺なんだ。





いつも、レインを最優先にした。アイツよりレイン。
名前を呼ぶときも、二人がピンチのときも・・・・



それなのに、アイツは毎日俺に話しかけてきた。














本当にあいつは、バカなんじゃないのか











.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ