Novel 1

□木の葉は舞う
2ページ/6ページ



「遅いわね〜。ファインったら・・・いったいどうしたんだと思う?キュキュ。」



「キュ〜?」



レインが頬付けをつきながら、ノートを広げる。

キュキュも不思議そうな顔をしながら、廊下が見える窓をのぞきこんでいた。





ドアが開き、理科の先生が入ってくる。



「規ー律、礼! 着ー席!」





ついには、授業が始まった。





「いったい、ファインたらどうしたのかしらね。」



 

シフォンも不思議そうな顔をしながら、黒板の文字を書き写していた。

心配で、レインは机を指で一定のリズムでたたいていた。



乱暴にドアが開き、そこからピュピュが教室に飛び込んできた。





「ピュピュ!!いったいどうしたの!」





レインがあわてて、ピュピュに駆け寄る。





「ピュウ、ピュピュ!!ピュピュ〜!!」





涙ぐみながら、ピュピュがさっき見た状況を、体中を使って

レインとキュキュに説明した。





「えっ、なんですって!ファインが!?今、どこ!?」



「レイン!ファインがどうしたの!?」





ピュピュの言っていることが、分からないシフォンたちがレインに説明を求める。





「すごく、大きな木・・・?」





ガタッ!





イスが倒れる音が教室に響く。

誰もが、その音に反応して席に振り向いた。



その席は、シェイドの席だった。



開いたままのドアから、シェイドが飛び出した。







.
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ