Novel 1

□木の葉は舞う
1ページ/6ページ




「うわわわわわ!どうしよ〜!授業遅れちゃうよ〜」





ファインは、涙声で誰もいない廊下を早歩きで、次の教室へ向かう。

今なら、マーチも教室にいるため原点もされないだろう。





「ピュ、ピュ〜」





この状況が、分かってないのか。

楽しそうな声を出しながら、ピュピュはファインの周りを飛び回っていた。





ガラン、ゴロン――――!!





授業の始まりの、ベルが鳴る。

あわわわと目を回しながら、ファインの血の気が引く。





「もう絶対、無理―――――!!」





ピクッと、ファインの耳にかすかな声が聞こえた。

走っていたファインの足元が止まり、緑の木が揺れているほうに目を向ける。





「ピュピュ〜?」





おかしく思ったピュピュは、ファインの顔を覗き込む。

ファインの目は、ひときわ大きな木に釘付けになっていた。



ピュピュがファインの釘付けになっている木を見上げる。





「ピュピュピュ、ピュウ〜〜〜!!!!」





驚いて、ピュピュが手をバタつかせた。





「ごめん、ピュピュ!多分、あたし一人で大丈夫だと思うけど・・・

 一応、誰か呼んできて!」





持っていた教科書を放り出し、ファインは走り出した。

ファインとは、反対方向にピュピュは飛び急いだ。







.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ