Novel 1

□シェイド君とファイン
2ページ/6ページ


ある日、初めてこの係になっての係会があった。





「あ・・・あの!シェイド君、そろそろ・・・係会に行かないと・・・」





声が裏返りながら、彼に話しかける。

彼は、私のほうに見向きもせず難しい本を読んでいた。






やっぱり、怖い人・・・。







プリントを握る力が強くなる。

しばらくの沈黙が私たちの間に流れる。





「・・・すまない。行こうか。」





本を閉じ、私に微笑みかける。

息が止まる。すごく綺麗な笑顔だった。

顔が熱を帯びる。











その笑顔から、私は・・・彼のことを好きになった。














.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ