Novel 1

□たとえばのお話
2ページ/5ページ





ひとまず自分の部屋に戻り普段着に戻る





「やっぱり、これが一番落ち着く・・・」





おっさんくさいことをいいながら、部屋を出る。



そして、一気に庭園への道を走り抜ける。

今日は、パーティがあるせいか兵士やメイドは1人もいなかった。



エレベーターを降り、庭園へ向かう。



扉が開くと、そこには見とれるほど美しい星空が広がっていた。

ぐっと、体を伸ばし首を左右に曲げるとポキポキッと首の骨がなる。





「おっ、あった、あった。」





庭園には似合わない、葉っぱが生い茂ったひときわ大きな木に歩み進める。

昔に、レインと一緒に埋めたタネが大きくなり、この木になったのだ。





木にもたれかかり、目を閉じる。


今ごろ、レインはプリンセスブライトと一緒に踊っているんだろうな・・・



ぼっーとしながら、体からハートマークを飛ばしながら踊っているレインが頭に浮かぶ。





「まぁ、俺はパーティなんか興味ないんだけど」





多分、他人からみたら俺は痛い子に見えたと思う。そう思いながら

腕をくみ木に寄りかかって、静かに目をつぶりなおす。





.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ