Novel 1

□たとえばのお話
1ページ/5ページ


「ねぇ、プリンセスブライトってかわいいよね。」





体中からハートマークを飛ばし、レインがブライトの写真を握り締める

そんな、レインを苦笑いで見つめる。





「あはは、レインは本当にブライトが好きだね。」





心地よい風を浴びながら、双子の兄のレインの話を聞きながら相槌を打つ。








なんだか、眠たくなってきた・・・。







頭の中にブライトの顔が浮かぶ。
たしかに、ブライトはかわいいとは思う。おしとやかだと思う。


でも、あの、作り笑顔は好きになれない。





「あっ、ファイン!そろそろパーティの時間だよ。行こ」

「ああ。行こっか。」




立ち上がり、レインについていく。



今日は、お日さまの国でパーティが行われることになっていた。
正直パーティは嫌いだ。



おいしいものがあるのはいいが、見ず知らずの他人に
気を使ってダンスなんか踊らなければならないのだろうか。



一応、レインはいるわけだし・・・今日は、サボろう・・。



レインに気付かれないように、小さくガッツポーズをとる。




「レイン。先に行っててくれないか?」



「まさか、サボるき?まぁ・・・別に僕はいいけどさ・・」





はぁ、とわざと大きなため息をつき、呆れた顔しながら

レインがぶつりと呟く。





「じゃあ、母さんと父さんによろしく。」





これ以上レインの小言を聞きたくなく、反対方向を向いて

片手を少し挙げ廊下を走る。


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ