Novel 1

□夕日の教室
2ページ/4ページ



居残りのあたしとレインはプリントを埋めていく。
あと、一問・・・





「できたーーーーーーー!!」





レインの声が教室に響き、消えていく。
あたしも、プリントが終った。






「ファイン!帰りましょ!」







レインが、教科書などをカバンに詰め込み、眠っているキュキュとプーモを優しく手で包む。






「レイン。あたしもう少ししてから帰るね。ピュピュも先に帰ってて。」








レインは不思議そうな顔をから、パッと顔が輝き







「じゃあ、ファインのプリントも出ししとくね!」








あたしのプリントを取ってピュピュを連れ、帰っていた。





誰もいない教室に夕日が差し込み、反射的に手で目を防ぐ。






窓が一番近い席に、勝手に座り込む。

窓に体重をかけ寄りかかる。意識がどんどん遠くなる。










「ファインか?」










廊下から聞きなれた声が耳に入った。





.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ