Novel 1

□と ろ け る あ ま さ
2ページ/4ページ





俺の存在にまったく気付かずファインは走り去っていった。

本当に俺は運がないな・・・。



体が重い。これを鬱というのだろうか





「っ・・!」





頭の上に冷たい水が降りかかる。



空を見上げると、さっきみた空よりもっと灰色に染まっていて、

冷たい雨が体の上に降り注ぐ。





「はぁ・・・・」





体の力を奪われていく気がする。



さらに雨が激しくなり土砂降りとなって、体を打ち付ける。

走って屋根の下に入る。



濡れた体が体温を奪う。ハンカチを取り出し濡れた体を拭く。





「夕立か・・・もう少しで止むよな。」





柱に寄りかかり読みかけの本を開く。

読みたいページでちょうど破られていることを思い出し、

気分が沈む。柱にもたれかかりズルズルと床にさがる。





「 ・・・・・・ 」





小さな声が少し止んできた雨の音と重なり耳に入る。





「?」





ゆっくりと立ち上がり、声のするほうに近寄る。

赤い髪と赤い制服が目の中に入る。





.
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ