Novel 1

□と ろ け る あ ま さ
1ページ/4ページ

最近、運が悪い。



読みたかった本は、いつも図書室においてなく、やっと見つけたと思うと

気になるところでページが破かれていたり・・・

俺のちょっとしたミスでハーブを枯らしてしまったり・・・・







それに、アイツとも一週間近くしゃべっていない・・・







「はあ・・・」





見上げる空は、気が重くなるような灰色の雲が空を覆っている。

なんだか、この空の下を歩いていると肩が重くなってきた。





「きゃあああああ!!!ブライト様〜!」





突然の聞きなれた大声におもわず後ろを振り返る。

目の前を一瞬にして青いものが横切る。



なんだか、レインの声を聞いていると

一気に力を奪い取られた気がする。





「レイ〜ン!待ってよ〜!!」





少ししてから、アイツの声が耳に入る。





この声を聞いたのは何週間ぶりだろう。









心臓の音が高鳴る。息をしにくい。







「ファイ・・「レイ〜ン!!置いてかないでよ〜!!」







伸ばしたこの手はいったいどこに戻せばいいのだろう。





.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ