企画部屋!

□バ
1ページ/2ページ


※+10years



最近、夢をよく見るようになった。

同じ夢を、何度も何度も。




僕は夢の中で、骸の後姿を追う。

追っても追っても、追いつくことは出来ない。

不意に骸が止まった。

肩に手をかけようとしたとき、骸が言った。


「触れてはなりません」

「僕は、――――から」


振り向いた骸の瞳は酷く哀しげで、印象的だった。

僕は言葉をかけようとする。




「――――!!」


僕は布団から飛び起きた。

そしてため息をつく。


「またか…」


いつも骸に声をかける前に目覚めてしまう。

どうしていつもあんな哀しそうな目をするのだろうか。


縁側に出てみると、もう秋が近づいているのか、少し寒かった。

ついこの間までは夏だったのに、と思い庭を眺める。

時々、葉がひらひらと舞って地面へと落ちていった。


「おはようございます」


ふりむくと、忠実な部下である草壁が立っていた。


「風邪を召されます、そんなところに長くいては」


「大丈夫だよ」


そう言ってまた庭へと視線を戻す雲雀に、草壁は心配そうに尋ねた。


「…なにかお悩みでも?」


さとい彼の事だ、感づいたのだろう。

隠さずに雲雀は話すことにした。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ