企画部屋!

□む
2ページ/2ページ



ある夜のこと。

バーの片隅で、男が一人、お酒を飲んでいた。

誰かを待っているのだろうか、

先ほどから腕時計をちらちらと気にしている。


「…おや」


「!」


「男の方が一人でお酒ですか?」


寂しいですねぇ、そういう背後の男に腹が立ったが、黙ってお酒を飲み干した。


「そこの貴方…可愛らしい嫉妬で僕を困らせた恋人をご存知ですか?」


男――雲雀は、顔が赤くなるのを感じた。

クロームが伝えたのだろうか。

やはり相談などしなければ良かったと、雲雀は後悔した。


「もしご存知でしたら、伝えて置いてください。

 …僕が愛しているのは、君だけだと。」


「…ッ!」


「…では、僕はこれで…失礼します。」


バーを出て行く恋人の後ろ姿を、雲雀はあわてて追いかけた。



クロームに、今日は用事が出来たので飲みにいけないという、

メールを送信することを忘れずに。








無我夢中
 (何かに心を奪われ、われを忘れること。)


 
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ