企画部屋!

□む
1ページ/2ページ




恋は盲目って、本当なのかもしれませんね。




「それでですね、ひどいんですよ…恭弥ったら…」


夜遅く、バーの片隅で。

二人の男女が並んでお酒を飲んでいた。

どうやら男のほうは軽く酔いが回っているらしい。

ぶつぶつと恋人に対しての文句や愚痴をもらし始めた。

そんな姿を見、女はそっと微笑んだ。


「聞いていますか、クローム?」


「はい、骸様」


「もう本当にわけが分かりませんよ…

 この間久しぶりに会ったら、いきなりトンファーで攻撃されて、
 
 挙句の果てに『君とはもう一生口をきかない』とか言い出すんですよ」



『もう本当にわけが分からないよ。

 この間久しぶりに会ったら――』



違う声が頭の中で重なり、女――クロームは思わず笑ってしまった。

頬杖をついていた男――骸は、怪訝そうな顔で彼女を見た。


「なんです、クローム?

 そんなに僕の苦労話は面白いですか?」


「いいえ。

 …ただ、似たようなことを他の人にも言われたので。」


「ほぅ?」


「その人は、久しぶりにあった恋人とけんかをしてしまって、

 後悔しているようでした。

 その人の恋人は、いつも自分の好みを配慮して、

 匂いがきつくない香水を身につけていました。

 …でも、その日の恋人からは明らかにいつもと違う香水の

 匂いがしていたそうです。」


「…それで?」


「だから、他の人のところに行ったのかと。

 他の人に、心を移してしまったのかと。

 そう思って不安になって…」


「……クローム。」


「はい。」


「お前の言う‘その人’はどんな人ですか」


クロームは優しく微笑むと、彼の望む答えを口にした。


「骸様の、一番大切な方です。」

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ